きょうの料理

きょうの料理『鯖缶の冷や汁』作り方|火を使わない料理 7/14 本多京子

きょうの料理『鯖缶冷や汁』作り方|食べて水分補給♪ 7/14 本多京子2020年7月14日イーテレで放送のきょうの料理で紹介されていた『鯖缶の冷や汁』をまとめました。

こちらは火を使わない料理で
本多京子さんが栄養を考えて作って下さったレシピです。

よろしければ一緒に勉強させていただきましょう♪

 

 

スポンサーリンク

『鯖缶の冷や汁』材料・分量

水だし  
昆布 5g
削り節 1袋(5g)
カップ2と2分の1

 

  3人分
キュウリ 1本分
みょうが 2個
味噌 大さじ1と2分の1
しょうが すりおろす 小さじ1
すりごま 大さじ1
水だし(作り方①で用意したもの) カップ1と2分の1
鯖の水煮缶 1缶(180g)
豆腐 2分の1丁 150g

『鯖缶の冷や汁』 作り方

  1. 水に昆布と鰹節を入れて冷蔵庫で2時間寝かす。
    かつおぶしはお茶パックに入れてもいい。カツオの代わりに頭とはらわたをとった煮干しを入れてもいい。

    水出汁は一度全部使い切ると追いガツオをして2番だしが作れますよ
  1. みょうがは半分にカットして薄切りにしておく。
    キュウリを輪切りにしたものをボールに入れ塩少々して揉む。

    きゅうりはカリウムがあり利尿作用がある。
  2. ボールの中に、味噌、しょうが すりごまを入れ混ぜ、①で作った出汁を分量分少しづつ入れ溶きのばしていく。
  3. ③に鯖缶を加えるあらく崩す。この時サバの汁も全部加えることがポイントになります。
    高たんぱくで栄養がたくさん入っている。缶汁の中にお魚のうまみ成分が入っていてEPAやDHAが含まれてています
  4. ③に豆腐を加えきゅうりとみょうがを加え、仕上げにしそを散らす。

まとめ

是非作ってみたいと思います。

さいごまでありがとうございました。