きょうの料理

きょうの料理『パナップルのケーキ』作り方|ひんやり冷たいケーキ 7/15  ムラヨシ マサユキ

きょうの料理『パナップルのケーキ』作り方|ひんやり冷たいケーキ 7/15  ムラヨシ マサユキ2020年7月15日イーテレで放送の「きょうの料理」で紹介されていた 『ムラヨシマサヨシさんのパイナップルのケーキ』をまとめました。

よろしければ一緒に勉強させていただきましょう♪

 

 

スポンサーリンク

『パイナップルのケーキ』材料・分量(上部直径15㎝下部直径12㎝ 深さ5㎝丸型1台分)

材料 分量
パイナップル 正味150g
カップ2分の1
グラニュー糖 大さじ1~2
ココナッツリキュール(またはレモン汁) 大さじ1
バター(食塩不使用)→室温に戻す 60g
グラニュー糖 50gから大さじ2を使う。
卵黄(室温に戻す) 2個分
アーモンドパウダー(片栗粉10gでも可) 20g
卵白(冷凍庫で表面が少し凍るまで冷やす。) 1個分
1つまみ
残りのグラニュー糖 50gから大さじ2を使った残り
薄力粉 50g

 

『パイナップルのケーキ』 作り方

 

  1. 型にバターを薄く塗り薄力粉を振り冷凍庫に冷やしておく
    薄力粉をふるうことにより型離れがよくなります。
  2. パイナップルの硬い部分を取り除き実だけにする。
  3. 鍋に①と水、グラニュー糖、ココナッツリキュールを入れ火をつける。
  4. 沸騰したら弱火にして2~3分煮て蓋をしてそのまま冷まします。

  5. ザルで濾して実と汁に分けておく。
  6. 80gは1㎝角にカット。のこりは薄切りにする。
  7. 室温に戻したバターをボールに入れて砂糖(大さじ2)を入れる。
    卵黄とアーモンドパウダーを入れて混ぜる。

    アーモンドパウダーを入れるとほろほろとした食感になる。

  8. 別のボールに冷凍して少し凍った卵白を入れ塩、残りのグラニュー糖を半分入れる。
    凍らすことによってできる生地のキメが違うんです。
  9. ハンドミキサーの低速で⑦の卵白を低速コシを切ってから
    高速に切り替えてさらに混ぜる泡がもこもこしてきたら残りのグラニュー糖を全部入れてさらに混ぜる。

  10. ⑥の卵黄を泡立てたボールに⑧のメレンゲを3分の1量入れる。
  11. ふるっておいた粉50gを⑨に入れ角切りにしたパイナップルを入れてやさしく混ぜる。
    コツとしてはパイナップルに粉をまとわせるようにしてから生地と混ぜこんでいくとパイナップルが生地に沈まないです。
  12. 残りのメレンゲをすべて入れ底からひっくり返すように切るように混ぜます。
    メレンゲがすべて見えなくなるころに一度ヘラに付いたメレンゲをこそげ取っておく。
  13. メレンゲが見えなくなってからは220~30回混ぜてツヤを出す。
  14. ①の型に⑬の生地を入れて、中心をへこませるようにヘラで伸ばしていく。
  15. 170℃に温めたオーブンで30~35分焼く。
  16. 焼きあがったケーキに⑤で分けた汁シロップを刷毛を使いたっぷりしみこませます。
    かたをはずして側面や裏にも。

    そうすることでしっとりさわやかなケーキに

  17. 粗熱が取れたららっぷをかけて冷蔵庫でしっかり冷やします。

  18. 冷えたら薄切りのパイナップルを飾り付けて出来上がり♪

まとめ

是非作ってみたいと思います。

さいごまでありがとうございました。